PCXのオイル交換

雨でツーリングに行けないのでPCXのオイル交換をしました。台風も来てます。

dsc07650

秘密基地内に格納されているPCXです。台風対策で、色々物が入ってるから散らかってるのは気にしないでください。

これまでPCXはホンダドリームでオイル交換してましたが、メンテナンスパックが終了したので自分でやります。

dsc07652

簡易オイルパックリを作ります。不要段ボール箱に新聞紙を丸めて買い物ポリ袋に入れる簡単設計です。

dsc07654

さて、問題のPCXのドレンボルトがここ。なんと、メインスタンドの直近にあるので、簡易オイルパックリ箱が置けないですよ。さすがHONDAクオリティ。メンテナンスのことなんぞ考えて設計してないです。

dsc07661

仕方がないので、まずは12番のレンチでボルトを緩めます。

dsc07657

それから、無理やり簡易オイルパックリ箱をドレンの真下に押し込んで、ボルトを外します。古いオイルが流れ出てくるのを、なんとかギリギリで受け止めます。

dsc07659

がしかし、こぼれた。まあこの程度で済んだから良しとしましょう。次はもっと考えて、オイルを受ける容器みたいなのを用意しようと思いました。

dsc07664

給油するのはアマゾンで買った、HONDA純正スクーター用オイルE1です。550円税込。

dsc07668

出すのが大変だったから入れるのは楽かと思ったら、入れるのも大変でした。給油口がマフラーやエンジンの一部の奥の方にあって、ノズルが届かないですよ。無理やり最長まで伸ばして、ギリギリ届く有様、慎重に気を使っての給油となりました。

dsc07670

ゲージでチェックしながら追加給油すると言いますけど、ゲージを見てもさっぱりわからないですね。給油口が狭く、オイルが周りに付着しているのをゲージが拾うので、正確な油面が全くわかりません。さすがHONDAクオリティ。結局、ヤマ勘で入れました。世界のHONDA、万人向けのHONDA、故障知らずのHONDAですから、まあちょっとやそっとの横着でも大丈夫でしょう。

dsc07673

エンジンを始動させてみます。問題なく始動し、オイル警告も点灯しないから大丈夫ということで、これからも頑張って走ってもらいます。

広告

リニモで行こう!駅メモ!コラボキャンペーン

4c1716b1eb2e72eb566c93d872476f65

リニモの謎解きに行ってきました。駅メモというゲームのキャンペーンの一環で開催されてるようです。難易度は極めて低いのです。だってどこに手がかりがあるか、あらかじめ公開されてるんだもんね。

DSC07116

まず八草駅です。愛・地球博で利用して以来の駅です。今はガラガラ。

DSC07110

はなみずき通駅にも手がかりがあるので行きます。

DSC07133

イオンモール長久手付近にも手がかりがあるので行きました。ここでいきなりステーキを食って力をつけようと思ったんですが、店まで行ったら「基本300グラム」ってのにノックアウトされてスゴスゴ引き返したですよ。

DSC07144

愛・地球博の跡地公園が見えます。まだまだ人気があるみたいで、駐車場は車がいっぱい。

DSC07147

なんと、リニモは無人運転なのです。人間の運転手は必要無いのです。アシモフの『鋼鉄都市』で描かれた未来。未来といえば聞こえはいいが、明るい未来というより、機械に仕事を奪われるディストピアな未来だよ。

ちなみにリニモは車輪がないので鉄道好きにはたまらないガタンゴトンという音声が振動もまるで無し。なんという無味乾燥で味気ない未来。まさしくリアルな未来。

DSC07149

そして最終問題のブースへたどり着いたのです。ここまでの道のりは長かった、というのはウソで、とても拍子抜けするほどカンタンでした。ちょっと物足りない。でも難しくてわからないとまた困る。

DSC07163

いきなりステーキがダメだったので、ここで昼飯を食うことにしました。アメリカンなハンバーガーショップ、クシタニ名東店長オススメの店。

DSC07174

ランチタイムのお値打ちセットです。これがデラうまいでかんわ。

DSC07189

ついでにクシタニ店長に食ってきたよーと報告。

DSC07191

リニモの藤が丘駅で解答合わせして、記念品をもらって帰ってきました。